« 3歳1ヶ月&3ヶ月 | Main | お食い初め&お宮参り&初節句 »

長女の保活まとめ(前半)

保育園入園が激戦の地域(都内23区)の早生まれということで、1歳の4月入園となった長女の”保活”は苦労しました。

このブログでも書いてきましたが、記録までにまとめてみたいと思います。

1歳の4月入所時点で、徒歩圏内に認可保育園4か所、認証保育園2か所、無認可保育園1か所がありました。

<1歳4月~8月・暫定認可保育園A>
1歳4月入園の区の一次選考では近隣四か所全滅し、認可の結果を受けても認証2か所も空きはなく、無認可はまだ空きがありましたが枠を抑えるのには大金がかかるため保留。
認証の幅を広げ、会社の近く(けっこう遠い)にある認証まで見学にいきました。

徒歩圏の認証のうち一か所(認証Aとします)は3番目ということで、認可の結果が出れば動きがあってなんとか入れるんじゃないかと思っていたのでかなり焦りました。

その後、自転車通園範囲内の認証の内定をゲットし、まずは社会復帰の目途がつき安堵しました。
続いて電車通園の認証(認証Bとします)の内定もゲットしました。夫婦ともに通勤経路の途中にあるので、認証なら近隣認可への転園可能性も高いので認証Bで社会復帰しようと思っていました。

二次選考で、電車通園だけど新設される暫定の認可保育園Aも迷った末に書いたら、落選。
ここは枠も多く周りでも書けば受かった人が多かったので、本当に悲しかったです。

しかし、発表日の夕方、認可Aの繰り上げ当選の連絡がきました。
その年の9月からは新築の設備で、それまでは暫定扱いで暫定施設ですが、駅からは近く、広さは十分で、ここも夫婦ともに通勤経路だし、一緒にいける近所のお友達もいたし、新設なら持ち上がり組もないしみんなはじめましてだし、魅力はありました。
しかし、一旦認可に入ると、暫定扱いが終われば認可への転園はほぼ絶望なので、また悩みました。

認証Aにもしつこく電話しましたが、結局3月末時点でも動きはないといわれました。

でもやっぱり認可がいいよな…と暫定認可保育園Aの入園を決めました。この時すでに3月のかなり終わりです。

<1歳9月~3月・認証保育園A>

社会復帰してバタバタした毎日を送る中、近隣の認証Aから夏頃かな?待機継続確認の連絡がきました。
長女はベビーカーでぐずることも多かったので、気持ちは揺れつつも、待機継続の連絡はしませんでした。

しかし、7月末に、待機される方が多いので、9月から定員拡大するので入れますがどうしますか?と認証Aから連絡がきました。

徒歩圏内で、立地が駅に近く、教育プログラムも評価が高い、人気の認証です。
でも転園は親も子も大変だし、近隣の認可に移れる可能性は出てくるけど保証はないし、狭いし、認証だと学年が上がっていくと人数も減ると聞くし、とやはり良い点悪い点があります。
致命的なのは、そこに通っている人で知っている人が顔見知りレベルでも誰一人もいないこと、持ち上がり組の中にしかも年度途中で入るのは私としてもかなりの勇気が要りました。
またしても悩むこととなります(>_<)

幸い、長女はまだ1歳半程度で、まだわからない時期かなということ、親として通わせるのにはとても楽になること、ちょうど私が9月から週一で在宅勤務制度を利用させてもらうことになったので近いほうがよいこと、教育プログラムへの期待も手伝い、このチャンスに乗ってみることにしました。

入ってみると、さすが認証という感じで、クラスが違ってもどの先生もすぐ娘の名前を覚えてくれ、人数も少なくアットホームで娘はすぐに慣れてくれました。送り担当の夫曰く、朝は泣かずに自分から先生のほうに走って行ったと。

私としては、お迎え時に会う方は限られているし、年度途中なので一堂に親御さんと会う機会もないまま月日が流れ、ちょっぴりさみしい思いをしていましたが(笑)、まあ保育園でみんな働いているしと割り切るようにし、とにかく先生方がよかったなと思っていました。

長くなってきたので、また続きはそのうち書きます。

|

« 3歳1ヶ月&3ヶ月 | Main | お食い初め&お宮参り&初節句 »

3歳&0歳」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17509/59200850

Listed below are links to weblogs that reference 長女の保活まとめ(前半):

« 3歳1ヶ月&3ヶ月 | Main | お食い初め&お宮参り&初節句 »