« 箱根旅行2日目 | Main | 子連れで雪山へ »

次女の保活

長女の保育園入園(1歳4月)は大変だったことは過去にも書いていましたが、次女も激戦の1歳4月入園となりました。

第一希望は長女と同じ認可保育園。もっと設備がいい認可保育園も他にありますが、きょうだい一緒の保育園がいいと思っていました。別々となったとしても最低でも徒歩圏内の保育園を希望していました。
ちょうど2015年4月に保育園が新設されるという朗報もあったので、長女の時よりは状況はよくなっているとは思っていました。

区の制度では、2015年4月入園の選考会議(1月上旬)までに「月極保育園(認証、無認可でもなんでもよい)に預けている&復帰済み」であればポイントが上がるとなっているので、近所にある無認可保育園に預けるかちょっと悩みました。

もちろん今回は兄弟ポイントが1点付くのですが、同じ条件の人が多いため、支所の担当者には「希望の上の子と同じ園に入れるかどうかはきょうだいポイントだけではむつかしいかもしれませんね…。認証に預けて復帰済みの人と同じポイント(+1点)ですから。自分だったら選考会議までに復帰するか、新設される園に上の子を転園させるかですかね」と言われていました。

えー、きょうだい一緒のために上の子を転園させる?うちの場合は転園回数が多いから、もうそれは避けたいなー、です。

認証保育園は、上の子が通っていたところだけ妊娠中に申込ましたが、それでも順番は遅く、そのほかは出産した後だったのでやはり可能性は低かったです。

でも無認可に預けることはせず、育休も1月ではなく4月に延長して選考結果を待つこととしました。

上の子の時に、ことごとく認可に落ちたことを踏まえると、今回も難しいだろうな…と思っていました。

幸い新設される保育園は、上の子が通う保育園からすぐ近くなので、なんとかなるかな…とシミュレーションしてみたり。
でもイベントが2倍あるのは社会復帰した後はつらいなあ、送迎に時間がかかるのもつらいなあ、持ち物とか混乱しないかなあ、電動自転車もないからなあ、などと不安はぬぐえないままでした。


そして、発表の日。
通知が自宅に届くのは翌日なので、支所に電話をして聞きます。

ドキドキ…

まるで受験の合格発表です。


結果は、第一希望の、上の子と同じ保育園でした!
電話を切った後、一人でうれしい雄叫びをあげました。

ほんとにほんとに!?1歳クラスなのに?
翌日の通知文書を確認するまで、なにかの手違いじゃないかと思うほど信じられませんでした。

きょうだいがいる人は、私の知る限り第一・第二希望で通っているようでした。
そうでなくても、徒歩圏にある保育園には決まっているようなので、まだ認証も少し枠があるだろうしやはり上の子の時よりは改善されています。

上の子の時は、二次選考までずっと認証の範囲を広げて見学や申込みをしたり心身ともに大変だったので、本当にありがたいです。

|

« 箱根旅行2日目 | Main | 子連れで雪山へ »

長女4歳&次女1歳」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17509/61191027

Listed below are links to weblogs that reference 次女の保活:

« 箱根旅行2日目 | Main | 子連れで雪山へ »