パリ旅行記~6日目・帰国~

2008年12月9日(火)

日本に帰る日になりましたが、18時過ぎの飛行機なので、まだまだパリの街を散策しました!
この日はめずらしく友人と別行動をとり、お互い行きたい店(行きそびれたお店、もう一回行きたいお店とか)を目指しました。

私はキッチン用品店をみたかったので、パレ・ロワイヤル広場からいわゆるマレ地区?方面へ繰り出しました。

P1020075
P1020076
昨日は朝早くてよく分からなかったパレ・ロワイヤル。とっても広い庭園がありました。

P1020077
またまたワンちゃん。飼い主の方が庭園と私を撮ってあげるよと声をかけてくれました。(親切~)
パリの街も愛犬家は多いようです。

さて、いきたかったキッチン用品店はいずれも近くにあります。

P1020080
「LA BOVIDA」
2階建ての店内は、クラシックな内装でステキでした。

P1020081
「MORA」
ここもオシャレな店構え。
中は、わりとホームセンターみたいにこまごまと日曜大工品が並んでいました。

P1020083
「a.simon」
私がお買い上げしたのはこのお店!
ランチョンマットと、ソムリエナイフ(ラギオール)を買いました。
ディスプレイもコンランショップみたいな感じで、とってもセンスがよかったです。
お値段も手ごろで、もっとたくさん買い込みたかった。。


この後友人とオペラ座で待ち合わせし(やっぱ海外でも携帯電話があると便利ですね~)、アパルトマンへ。
この日は雪が本降りで、タクシーで空港までいきました。


友人とは帰りも違う飛行機でターミナルも違うので、タクシーでお別れ。
空港では最後のイベント、「DETAX」(税金が戻ってくる手続き)をまず行いました。
さらばパリ!

ヨーロッパはアメリカと違って、帰りのフライト時間の方が短いので多少ラクでした。


パリは、街を歩いているだけで観光している気分になれて十分幸せでした。
そして今回はユーロ安ということもあり買い物も楽しめたし、パンもワインもデリのお惣菜も安くて美味しくて、アパルトマンだったおかげで食事も満喫できました。
もちろん観光スポットもたくさんあるし。
パリは、暮らすように過ごすのが、女子にはたまらない街だと思いました。
とってもとっても楽しかったので、ぜひまたいつか行きたいと思います!!

<おまけ>
今回購入したものを公開しちゃいます。

P1020087

「LADUREE」のパッケージのかわいさにホレました。
P1020090

準備ブログ
http://plaisir-bon-voyage.cocolog-nifty.com/

| | TrackBack (0)

パリ旅行記~5日目~

この日は、滞在中唯一のパリ郊外ツアー!
早起きにも気合が入ります。

「モンサンミッシェルとノルマンディーのいなか町(リンゴ酒のシャトーガーデン ブルイユ村)散策付き」コース。

P1020011
パレ・ロワイヤル広場に朝7時に集合し、まず向かったのは、ノルマンディー地方のブルイユ村のシャトー。

P1020015
P1020016
りんごのお酒やキャンディーなどのアイテムがズラリ。
りんごのブランデー?を試飲しましたよ。
残念ながらシードルはメイン商品ではなく3本セットしかなく、重さにめげて購入を断念。

P1020017
シャトーの領主さんのおうちだったかな?
フランスの田舎っぽい雰囲気出てます。

P1020018
貸切施設もあって、ウェディングパーティーができるそう。
ワイン好きな夫婦にはたまらないでしょうね。

P1020023
りんごです。日本のものより小ぶりで赤くないです。
ノルマンディー地方はリンゴが名産だそうです。

そして、パリからバスで片道3時間以上かけて、ついに見えてきました!!世界遺産のモン・サン・ミッシェル!

P1020025
P1020027

かすみのなかにうっすらと、だんだん近づいてくる姿は、ほんとにラピュタです。

P1020031
近づいてきました!あと少し。
干潟に浮かぶ城なのですが、この日はほとんど水は引いていました。

P1020034
城内へ!
うれしいことにモンサンミッシェルでは天気が回復し、青空と共に撮影することが出来ました。

P1020038
まずはランチ。
ここでリンゴのシードルをいただきました。辛口でおいしかったです。
「BRUT」って辛口という意味であることを初めて知りました。

P1020039
名物のオムレツです。
中身がはみでていますが(笑)、日本のオムレツの概念とは異なる、フワフワした食べ物でした。
美味しいかどうかと言われると…オムレツとして考えなければ、塩味のきいた郷土料理ですかねー。

P1020043
ランチの後はいよいよ建物の中へ。


P1020049
頂上からは、360度パノラマでこのような干潟が見えます。圧巻です。


P1020053
修道士たちが瞑想にふけったという、回廊です。

P1020055
ヤシの木のような柱。

P1020057
ステンドグラス。昔は色鮮やかだったのかもしれませんが、うっすらとついたガラスの色合いが優しい感じでした。
このお城は、一時は監獄として使われていたこともあったそうですが、私はあまりその空気は感じませんでした。

P1020059
城の中に人が住んでるんでしょうか?

P1020060
散歩中の犬。

P1020062
滑り台のようなものがあるのですが、手動の荷物昇降機だそうです。(エレベーター!)


パリからだと、東京-名古屋、または東京-仙台くらいの距離があるので、日帰りではあんまり楽しめないかな?と思っていたのですが、3時間ほど自由時間があり、ゆっくり滞在することができました。
ただ、360度のパノラマが広がっているゆえに、宿泊して夕陽や朝日を見れたらサイコーに違いありません。

帰りのバスで、夕陽を少し見ることができました。(すぐ眠ってしまいましたが…)

パリに戻ったのは20時すぎてました。
しかし、この日の夕飯を買出しをしようとしたところ、コンコルド広場から、ちょうどエッフェル塔の毎時0分から5分(10分?)限定というライトアップギラギラバージョンを見ることが出来ました!
写真に上手く納まらなかったのですが、青いライトアップがさらにド派手に☆

P1020066
P1020068
観覧車も白い光が、夜空に映えます!

P1020067
P1020071
シャンゼリゼ通りのライトアップも圧巻!
並木にまるで雪が降っているような光の動きがあるんです。

P1020072
この日もアパルトマンで食べましたよ~。
お店が閉店10分前で、パテと冷凍食品を買いました。


この後、いろいろ買い込んだアイテムがズラリと並んだ部屋にて、恐怖の荷物パッキング…・
ワインや液体物はトランクに入れなければならないので、重量制限(20kg)をすぐ超えてしまいます。
固形物を手持ちに回すんですが重たいのもイヤだし…。

| | TrackBack (0)

パリ旅行記~4日目~

2008年12月7日(日)

日曜日のパリの過ごし方にオススメということで、またもや朝から蚤の市へ!
今度は、雑貨やリネン類が豊富ということで本命だったヴァンヴの蚤の市へ。

この日はだいぶ冷え込みが厳しく、露店の蚤の市めぐりは寒さとの戦いでもあります。

P1010947
アンティークのキーホルダー、スタンプ、マッチ箱…。かわいい雑貨のお店がたくさんありました。

P1010948
P1010949
日本でも紹介されて有名らしいボタン屋さん。

P1010950
クリニャンクールでは一つ一つが店舗だったけれど、この蚤の市は日本のフリマのように車で運んでくる青空市場。

P1010951
絵付けの先生のおうちにかざってあるような作品。

P1010952
ここでも銀製品は多かったです。
銀製品はやっぱりいいお値段で手が出なかったのですが、私は犬の形をした箸置きセット、アンティークの小皿、灰皿、ポスターを買いました。灰皿はパリの街でも同じような感じのものが売っていましたが、蚤の市の方がだいぶ安かったのでラッキー!
ヴァンヴの蚤の市は、やっぱり、クリニャンクールに比較すると、かわいい雑貨も多いし、規模も広すぎないし、露店の並びも分かりやすくてよかったです。日本人女性のグループも見かけました。

次は日曜日しか開かないラスパイユのBIO(オーガニック)マルシェへ!

P1010953
朝食をすっかり取りそびれたままだったので、マルシェに入ってすぐあったこのガレット屋さんで、

P1010954
できたてアツアツのガレットを食べました。
たまねぎとジャガイモを鉄板で焼いたお好み焼きのような食べ物なのですが、美味しかった~。

P1010955
青果のお店がメインでした。

P1010956


P1010957
レタスのフリフリっぷりがたまらない。

P1010958


P1010959
パンもおいしそう。

P1010960
チーズとヨーグルト。ここでヨーグルトを購入。

P1010961
キノコ類も。(右側)

マルシェで昼食のお惣菜と、夕飯の材料を買い込み、この日は一度アパルトマンへ戻りました。

P1010963
メトロのあちこちでみかけた広告。美しい。この写真からは分からないですが、広告の枠自体が、デザインされた額縁になっています。

P1010964
マルシェで買ったレンズ豆のスープ、たまねぎときのこのキッシュ、そしてよくお惣菜やさんで見かけたニンジンのサラダ。

P1010965
のむヨーグルトと思って買ったのですが、牛乳だった。。

昼食後は、毎月第一日曜日は美術館が無料で入場できる、ということで、念願のオルセー美術館へ。
入るまで大行列していましたが、20分ほどの待ちですみました。

P1010970
駅を改造して作られた美術館ということで、吹き抜けが圧巻!これを見たかったのです。

P1010975
天井の細工も美しい。
ゴッホ、モネ、セザンヌ、ドガ、ゴーギャンと有名作品がたくさんありました!
特にゴッホは特別展をやっており、鉛筆で書かれたデッサンや紙切れの人形などめずらしいものもありました。


美術館のあとは、パリで一番美味しいというパン屋さんを目指しました。
途中、ちょうど17時になる頃、道路にいきなりインラインスケートの軍団が!
ちゃんと警官に誘導されていますが、参加者は一般市民みたいで、しかもとっても楽しそう!

P1010992
P1010995
友人の動画カメラにみなさん疾風のようにカメラポーズをしつつ、駆け抜けていきました。
どうやら愛好家のためのイベントだったみたいです。


P1010997
モンジュ通りにある、パン屋さん。
バゲット、クロワッサン、菓子パン、あとはエクレアとミルフィーユを買いました。
友人いわくフランスのパンは粉が違うそうで、日本ではほとんど食べられないとのこと!確かに、柔らかいだけでなく、噛めば噛むほど味わいがあり、とってもおいしかった!

この日はまだまだ終わりません。
閉店時間が迫る中、次は、Allaboutに出ていた雑貨やさんへメトロで移動!
ちょっと迷ったのですが、たどり着いたお店はまさに雑貨が溢れていて、とてもかわいくて感動。

P1010998
P1010999
P1020001
P1020002

店内撮影のOKをもらいました。
カフェオレボウルはアンティークの品なのでちょっとお高めでしたが、ポットなども、どれもなんてかわいいんでしょう。。やっぱ買って帰るべきだったか。。。

P1020005
帰り途中のメトロで、私のすきなファッションブランドの名前を発見。


P1020007
この日はアパルトマンでお惣菜でなく自炊をしました。
マルシェで買ったパプリカ、なす、ズッキーニ、たまねぎ、にんにく。

P1020008
P1020009
じゃーん。ラタトゥイユです。
友人がオイルサーディンの缶詰を使って、おつまみを作ってくれました。
そして中華のデリで買ったエビのマリネ、そしてマルシェで買ったソーセージ、レタスのサラダ。
パンはモンジュのものです。ヒューガルデンもみえますが、やはりマルシェで買ったBIOの白ワインとあわせました。バターだってさすが酪農国フランス、おいしいんです。

この日は蚤の市、美術館鑑賞、パン屋、雑貨屋めぐり、自炊と女子らしい一日だったね、と友人w

| | TrackBack (0)

パリ旅行記~3日目~

2008年12月6日(土)

この日は凱旋門から街歩きスタート。
やっぱりまだ夜明け前で暗いですが、けっこういい時間ですw
P1010919


凱旋門からシャンゼリゼ通りを歩きます。

凱旋門から近いラデュレ(シャンゼリゼ通り店)で優雅な朝食!
2階に通されたのですが、あまりに優美な雰囲気で、写真を撮るのが憚られました。
しかーし、朝食フルコースを取っている私たちの奥にお茶だけの日本人マダム達がどやどやと来て、フラッシュ炊いて写真撮っていた…。
コーヒーではなくホットチョコレートを選んでみたら、とってもヘビーな飲み物でw、おかげで!?昼食もとらずにすみました。もちろんとても美味しくて大満足だったのですけれどね。
こっちのお店は、お菓子メインで小物の扱いが少なかったのですが記念にキャンドルを買いました。

凱旋門~シャンゼリゼ通り~コンコルド広場~観覧車~ルーブル美術館は一直線に並んでいます。

P1010924
いまだに夜が明けていませんがw、コンコルド広場のオベリスクと観覧車です。
このオベリスクはエジプトから来たもので、片割れがエジプトにあるのです。(去年みたよ!)

コンコルド広場近くにて買い物後、この日はメトロ(地下鉄)に乗ってクリニャンクールの蚤の市へ!

P1010929
食器など。

P1010930
銀製品。

P1010931
カラフルなアンティークの品々。

P1010932
ピカピカに磨かれた銅?の鍋。

P1010933
シャンデリア。カケラ(クリスタル)もたくさん売っていました。

P1010935
アヒルちゃんが鎮座してかわいい。

私はクリスタル製のワインの栓、帽子などをお買い上げしました。
このクリニャンクールの蚤の市は、アンティーク製品(特に家具)もたくさんあるけれど、それ以上にフツーの露店も多かったです。とにかく広い!!

その後は、またもやサンジェルマン・デ・プレへ行き、昨日悩んでいた大物をお買い上げしちゃいました。

夕飯の買出しはオペラ座ちかくのまたもやデパート「ギャラリー・ラファイエット」の食料品売り場にて。
ここの品揃えも秀逸!!
サダハル・アオキのショップがあったのでマカロン2種類目もお買い上げ。

ラファイエットのイルミネーションがとってもキレイでした!
土曜の夜だからなのか、これ見たさのせいなのか、デパート付近は初詣の明治神宮、花火大会並の大混雑でした!!
P1010940
P1010941

今夜もアパルトマンで夕食。
P1010942

・またもやラビオリ
・またもやパテ(ブロックベーコン。何の肉だったか忘れた…)
・オイルサーディン
・もう一種類魚のビネガー漬け
・チーズ

やっぱりとっても美味しかった!
2人で数千円で済むし、メニューだけではわからないような料理も実際に見て、欲しい量だけ計ってもらえるし!

P1010944

日本ではなかなか手が出ない、スパークリングワインではない本物のシャンパンと♪

| | TrackBack (0)

パリ旅行記~出発・2日目~

ワタクシあまりカメラの腕に自信ないのですが、パリはとても素晴らしいモチーフばかりだったので、写真中心で日記をアップしたいと思います。

2008年12月4日(木)

今回そもそも旅のきっかけとなったのは、JALのマイルでした。
(結局燃油サーチャージ代が航空券と同じぐらいの額かかってしまったのですが…)

旅行代理店のツアーには入らず、宿は自分で手配することにし、せっかくなのでアパルトマンを短期契約しました。(もちろん日本語で予約できるところでw)
宿代は事前に国際送金をしなければならず、一番手数料が安いという郵便局から送金したものの、入金確認まで先方の返信がなかなかもらえずかなり時間がかかりました。やりとりはeメールだったし、これで返信がなければ流行りの振り込め詐欺の国際版か?と思うほど…。
後になってみれば、ただ、日本の時間感覚と違ったのかしら、と、前向きに思えるようになりましたが。


そしていよいよパリへ出発!
パリまで、行きは12時間半ほどのフライト。

パリの空港で無事友人と会えた後は、一路アパルトマンへ。
アパルトマンは、決して広くはありませんが、このような雰囲気でした。
P1010868


P1010869


P1010870
ベッド(キングサイズ?超BIG)がスライド式で、使うときだけ天井から下ろすようになっているので、部屋が有効に使えます。スライド式とはいえ、マットレスは十分フカフカで快適でした。
この写真から分かるでしょうか。

P1010871
到着した日の晩は、近所のスーパーで買った電子レンジであたためる食品やらお惣菜。
さっそくワインもいただきました。
サンペグリーノは、このサイズで1ユーロしない値段(つまり120円位)で激安でした。
そしてワインも食事も期待以上に美味しいことに感動しました。


2008年12月5日(金)

時差ボケのおかげでスッキリ起床。
ブログも更新したりしていました。

天気はあいにくの曇り時々小雨でしたが、いよいよパリの街へ繰り出します。
まずは近所にあるショッピングモールにいったのですが、まだ空いているお店は少なく、かろうじてPAULが開いていました。
ここのシューケット(シュークリームの中身が入っていない、皮に砂糖をまぶしたもの)をつまみぐいしつつエッフェル塔方面へ。 シューケットはできたてではなく冷めているものの、美味しかった!

P1010874
エッフェル塔が見えてきました。
フランスは日の出が遅くて、日没が早く、天気がよくないとはいえこのとき9時くらいだったのですがまだ暗いです。
P1010876


エッフェル塔が見渡せるカフェにて朝食を取りました。
さすがに外は寒いので中で。
P1010877


P1010879
カフェの朝食メニューはどこもだいたい同じようで、こんな感じです。
たまごがないコースもあります。

・フレッシュジュース(オレンジorグレープフルーツ)
・パン(バゲット、クロワッサン+バター)
・たまご(目玉焼きorスクランブルorゆでたまごorオムレツなど調理法が指定できる)
・コーヒーorホットチョコレート

P1010882


P1010887
朝食後、エッフェル塔へ向かいます。すこし陽が登ってきました。

P1010894
エレベーターで上へ。東京タワーと同じで2段階の展望台があるのですが一番上まで上りました。
うっすら日が差しています!
この後、だいぶ天気は回復しましたが、パリの天気は変わりやすいようで、油断なりません。

エッフェル塔からの眺めを満喫した後セーヌ川沿いに歩いて移動しました。
この日はパリの南部、ショッピングが楽しめるサンジェルマン・デ・プレエリアと、学生街のカルチェ・ラタンを散策しました。

P1010899
パリの老舗ティーサロン「ラデュレ」本店にて念願のマカロンを購入!マカロンの色合いもそうですが、箱がなんともカワイイ!!
賞味期限が短いので持ち帰れずパリで食べきりました。

ランチはカルチェラタンエリアで食べました。店頭販売していた牡蠣に惹かれて…w
P1010901

メニューがフランス語でさっぱり分かりませんが、なんとか鶏肉と牡蠣をオーダー。
こちらの鶏肉のグリルもシェアして食べました。付け合せのポテトがボリューム満点!
P1010902
やはり英語が通じないのです。。

その後は、またさらに南にあるモンパルナスエリアへ徒歩へ移動。
友人がみてみたいという観光スポット「カタコンブ」へ行きました。

ちょっと写真が怖いと思われるかもしれませんのでサムネイルを小さくしました。何か分かるでしょうか?
P1010907
この観光名所は、とにかく一回りするのにめちゃくちゃ歩きます!!!
メインスポットの近くに穴掘ってくれればいいのに、なぜか地下通路が延々と続くので、要注意です!
でも、たどり着いたメインスポットには圧倒されますよ。

その後は、パリの老舗デパート「ボン・マルシェ」の食料品売り場で夕飯を買い、アパルトマンへ帰宅。

P1010910

・ラビオリ2種類
・パテ(ニンジンといんげんが入った鶏肉のパテ)
・トマトとモッツアレラチーズ
・オリーブ
・ハム
・サラダ(レタス)

近所の花屋さんでミニバラを購入し、滞在中ずっと飾っていました♪

ラビオリもなんとかゆでることができたし、どれもワインに合って美味しかった!
部屋だと安心して飲めていいね、と友人と楽しみました~。

| | TrackBack (1)

パリより

Continue reading "パリより"

| | TrackBack (0)

パリにきています

昨日パリに到着しました。

今回は一緒にいく子(S嬢)と飛行機の便が違うため、パリの空港で待ち合わせ。

私はJALだったのですが、機内エンターテイメントがとても充実していて、長時間のフライトも大丈夫でした。
映画も30チャンネルくらいあって、「おくりびと」「ハンサムスーツ」「リトルマーメイド」をみました。
「おくりびと」よかったです。笑えるシーンもあったり、ほろりとしたり。
映画も再生・一時停止・巻き戻しなど操作できて、オンデマンド性たっぷり!
音楽チャンネルも30くらいあって、しかもipod tuneみたいに好きな曲のリストを作って再生できるんです。

私のほうが30分ほど早い到着だったので、荷物ピックアップ後、別のターミナルへ移動します。
パリの空港はターミナルが3つあるのですが、広い!!
滑走路付近の芝になぜかウサギが大量にいまいた。ひなたぼっこしてたり、跳ねてたり。

ターミナル間を移動するシャトルの場所も、不安で事前に日本でいろいろ調べていたのが嘘みたいにあっさり見つかりました。

待ち合わせのバス乗り場で無事Sちゃんと再会!!
その後一路、アパルトマンへ向かいました。

バスの到着場所は凱旋門で、凱旋門を拠点に道が放射線状に広がっています。
その中に、明らかに並木が青くピカピカする通りが!!シャンゼリゼ通りのライトアップです!!

エッフェル塔もなにやらEUの担当?でいつもと異なり青くライトアップされていました。

凱旋門から徒歩圏内のアパルトマンは、予想していたよりもゴージャスでセントラルヒーティング完璧でキッチンやバス関連の設備も十分でした!
到着した日は、アパルトマンの管理人さんに近所のスーパーへ送迎してもらい、部屋で夕飯を食べました。
コンパクトなスーパーなのに、チーズ、ハム、ヨーグルト、ワインの品揃えが日本の感覚からすると超豊富!しかも安い。さすが美食の国、フランス。コカコーラのコーヒー味も売っていたのでおみやげに買ってみました。

電子レンジで温めるクスクス×チキンの煮込み、生ハム、チーズを食べたのですが、安くても味がしっかりしていて美味しい!!


今朝は時差ぼけで、朝は苦手な私ですが、AM5時半にパッチリ目覚めてブログ更新してみました。

| | TrackBack (0)