箱根旅行2日目






2015年1月20日火曜

この日もよいお天気に恵まれました!

外には公園が見えて、グラウンドが白くなっていたので昨夜は暗くてわからなかったけどさすが箱根は寒いのね、雪積もってるのねーなんて言ってたら正体は霜だった…(^_^;)

宿の朝食を食べ、ちょっとだけまたお風呂にいかせてもらい、チェックアウトしたらそのままバスで小田原駅まで戻りました。

小田原駅にあるパン屋でパンを買って、この日は小田原わんぱく公園に行く予定でした。

11時過ぎには小田原駅に着いていたのですが、わんぱく公園にいくバスが次は1250とのこと!タクシーでいくにはちょっと遠目。
その前は1120位でどのみちちょっと間に合わなかったのですが、バスの時間を事前に調べておけばよかったと反省。

でも上の子達はつゆしらず三人で楽しそうだし、買っていたパンを小田原駅で食べてオムツ交換などしていたらあっという間にバスの発車時間になりました(^_^;)

公園には13時過ぎには到着しました。
友達がよかったと言ってた記憶があったので今回ちょうど帰る途中にあるッテ事で行ったのですが、これがまた期待以上によかったです。
平日で空いていて天気も良かったせいもあると思うんですが、遊具がイケてます!

入園するとちょうどヤギのえさやりとポニー乗馬体験、モルモットふれあい体験ができる時間でした。
ポニー乗馬は200円とかかかりましたが混んでないし、えさやりとふれあい体験、そもそもの入園料も無料という太っ腹な公園でした。

長女は乗馬初体験でした!お友達みんな乗ったしで、そんなに緊張せず乗れていました。ポニーなので小さかったのもよかったと思います。

その後は本命の遊具コーナーへ。
長ーい滑り台、筒になってる滑り台、何度も滑りたがってました。

公園全体が山の中で勾配があるのでベビーカーを押す私達は移動が大変でしたが(笑)

ターザンロープも予想外に楽しんでいました。最後のところでバチーンと滑車が当たってだいぶふられるので、まるで子供たちがこのまま手を離して空に飛んでいってしまうような感覚がしました(^_^;)

その他、小田原城に見立てた忍者屋敷のような遊具、吊り橋まであり、16時のバスまで目一杯あそびました。

長女はふだん公園は好きですが、ちょっと怖目の遊具はビビることが多いので、お友達と一緒だったのが良かったんだなあと思いました。

また来たいなと思う公園でした!

帰りの電車では、上の子達は当然ながら爆睡~~。

荷物や移動は大変な時もありましたが、子供たちがとっても楽しそうにはしゃぐ姿が見れて、とても楽しい旅行となりました。

| | TrackBack (0)

箱根旅行1日目

箱根旅行1日目
箱根旅行1日目
箱根旅行1日目
2015年1月19日月曜

親子3組(ママ+第一子+第二子)の計9人で箱根に行ってきました。第二子はうちの次女(1歳1ヶ月)がいちばん大きく、みんなベビーです。

1日目はお昼頃に箱根湯本に着き、はつ花でお蕎麦を食べました。
合計人数だけ聞くとなかなかの団体様ですが、1テーブル+お座敷にまだ寝返りしない赤ちゃんを時々置く感じて着席。

上の子達もそれぞれもりそば一人前取りましたが、みんな完食しました。久しぶりに本格的なお蕎麦を食べたなー。

温泉饅頭をつまみ食いしつつ、登山鉄道で箱根彫刻の森美術館へ。
私は箱根は何度も来てるのですがここは初めてで、子供向けの遊具が目当てでした。
ネットのお城に入って登ったり、迷路やシャボン玉のお城に入って上の子達は予想より楽しんでいました。

幸いに天気がよかったので屋外でも遊べ、屋内施設に大きなソフトブロックなどがあるスペースもあり、第二子達もおろすことができました。

だいぶ日没が迫る中、さらに登山鉄道で強羅までいき、ホテルの送迎バスでもう真っ暗の中無事に宿へ到着しました。
昼寝なしの上の子達、バスで少し寝た子もいましたがまだまだ元気!

お部屋は和室+ツインベッドの洋室。一度泊まってみたかった東急系リゾートホテルで、とても綺麗なところでした。

夕飯は、途中で調達したお弁当を和室でワイワイ食べました。これが思いのほか気兼ねなくて子連れには快適でした。

部屋にもお風呂はついていましたが、まずは全員で大浴場へ。
ベビーはベビーベッドで待機するなどして、ママ達はほとんど湯船には入れないままでしたが、他にお客さんがいなかったのでワイワイガヤガヤな私達の入浴はなんとか終了しました。

(その後、ママ達は交代で入り直せました)

夜は子どもたちが寝ついたあと、ママ達ノンアルビールで乾杯、トークタイム開始です。


二日目に続く

| | TrackBack (0)

草津温泉

2014年4月26日(土)

家族4人+旦那のご両親で草津温泉にいってきました。
次女にとって、はじめての旅行です。

今回は湯畑を見たいという旦那の希望で草津になりました。
チャイルドシートを2台取り付けているため、車一台での移動ができないので電車でのアクセスとなりました。

上野駅から特急草津号で2時間ほど、JRの最寄り駅から路線バスで20分ほどで到着しました。
長女は電車でじっとしておらず^^;
でもGW突入したとはいえ、指定席でも空席がチラホラあったため、じじばばと隣の席へ移ったり、相手してもらって助かりました。

バスターミナルにつくと、想像以上の寒さにブルっ!!
桜がまだ満開前ということに納得。

まずは湯畑を散策して、湯量に圧倒されました。
足湯もしびれる熱さ!疲れもふっとぶ!

お昼はふらりと釜飯を食べ、西河原公園を散策し、温泉まんじゅうなど食べ歩きました。
旅館は湯畑の目の前のところにして、場所を優先させた分、食事は期待していなかったのですが、バイキングも予想以上においしくて充実していてラッキーでした。

温泉は期待していた通り、熱くてよかったです。
お義母さんが子供らの面倒をみてくれて私も滞在中3回も温泉に入ることができました。

温泉のありがたみって、年を重ねることにわかってくるw
草津温泉は掛け流しどころか、捨てるほど本当に湯量が豊富なんだそうです。
湯もみも有名ですが、そうしないと熱すぎるのもよくわかりました。


2014年4月27日(日)

朝風呂ってなんて気持ちがいいんでしょう。

観光は車もないし、次女もいるし難しいかなと思っていたのですが、天気がよかったので白根山へいきました。

草津
河口のこの青さ、すごくきれいでした!
ここまでは徒歩で登らないといけないので、結構ハードでしたが登った甲斐がありました^^

タクシーやらロープウェイやらバスやら乗り継ぎに時間がかかってしまいましたが、最後の最後でバスターミナルのところでも足湯に入ることができました。

今回の旅では、草津は白インゲン豆の産地ということを知りました。
元々豆が好きなので、これを機会に豆についても学んでみたいなーと思ったのでした。

また秋以降に温泉にいきたいな。ちょっと遠出する温泉もいいなー。

| | TrackBack (0)

白金散策

「来週末に計画分娩で入院予定だから、この週末が外食する最後のチャンスじゃない?食べに行こう」という夫から提案がありました。

もちろんディナーではなくランチですが、あら、夫にしては気の利く(笑)と思い、以前にもいったことのある八芳園のレストランに行きたいと言い、今日いってきました。

紅葉にはまだ早かったけれど、お天気もよく、園内は花嫁さんが何人も!!

ここの本館にあるレストラン(洋食)は、味と見た目も申し分なく、ランチコースがお手頃価格で、結婚式場だけあって係の人も丁寧で、庭に面した眺めもよく、お気に入りです。
子連れも多いし、駐車場完備なのもポイント高し。式に参列する人も多いため出入りが多いのもさわがしい子連れには好都合(笑)

※私達は八芳園で式はあげていませんが。

そして、何よりもいいのは日本庭園散策が楽しめること!都心ながら池あり、滝あり、東屋など風情たっぷりです。

その後は、プラチナ通りまで足を伸ばし、ちょこちょこお店をのぞき、うまく行けば娘が昼寝に突入してくれてゆっくりお茶…だったのですが、残念ながらそうはいきませんでした(笑)

ブルーポイントを過ぎ、坂をだいぶおりたところにあるチョコレート屋さんで、お茶をして白金を後にしました。

八芳園でのランチもプラチナ通りでのお茶も娘がじっとしておらずのんびり、、という訳にはいきませんでしたが、どちらも私好みのコースに夫がつきあってくれた感じなので(笑)、満足度は高かったです。

妊婦でなければ、更に庭園美術館散策も加えたかったな!

| | TrackBack (0)

熱海旅行

2013年10月20日(日)

産前最後の旅行で熱海に一泊してきました。
今回は「新幹線に乗る」「部屋食でのんびり」をキーワードに宿泊先を探し、口コミのよかった旅館にしました。

当日はあいにくの雨でしたが、のんびり10時台の新幹線こだまで熱海へ。
天気予報では熱海では雨はお昼までということでしたが着いたらまだ降っており、まずはお昼ご飯を食べました。
去年、ママ仲間とリゾナーレに泊まった時と同じ「kichi+」で、同じアジごはん定食を食べました。
去年は娘とシェアして半分食べられてしまったのですが、今年は娘も子供用のしらす丼をオーダーして、自分の分を堪能しました。

食後は同じ通りにある甘味処にて葛きりとお汁粉を食べました。

それでもチェックインまでは少し時間があり、観光案内所で相談すると、熱海はもともと子連れ向けスポットが少なく、数少ない屋内施設ということで紹介された「起雲閣」へ行ってみることにしました。
大正時代の建物、、としか認識していなかったのですが(笑)、元は政財界の大物の別荘で旅館となった経緯のある歴史的建造物で、洋風建築もあり、洋館好きな私にはうれしいスポットでした。

その後は旅館にチェックインし、温泉入って部屋でのんびりしました。
子供向け浴衣のサービスがあり、黄緑の浴衣に赤い帯もつけてくれて、甚平とはまた違って女子っぽくてかわいかったです。本人も「ひこうきー」と袖をひるがえして部屋を走り回っていました。
夏に泊まった那須のリゾートホテルでのバイキングが、美味しかったのですが子連れにはちょっとせわしなかったので、部屋食なら人目も気にせずのんびりフルコースを味わえるし、9か月後半の妊婦で身体が重く、部屋食にしたのですがこれが大正解でした。

季節を感じられる和風懐石料理のフルコースなんて久しぶり(≧▽≦)
しかも口コミ通りおいしくて、運ばれるタイミングもちょうどよくて、娘がチョロチョロしても人目が気にならないし、妊婦には最高でした。。これでお酒も飲めれば言うことないんだけどw

お布団も引いてくれるし、ああ楽ちん。。

2013年10月21日(月)

この日は雨はあがり、遊覧船にでも乗ろうかとチェックアウト後は海岸へ向かいました。
でも波はやや高めで、遊覧船が小さ目だったので揺れるかも…と話していたら、ふと初島行の大型フェリーが目に入りました。
同じく大島行のフェリーも出ていました。大島は台風の災害でちょうどニュースになっていて、次の台風も接近中で避難が騒がれて大島は大変なのに初島にふらりと行くとかありなのかしらと思いつつ、乗船場にいきました。すると初島の観光施設は通常営業しているとのことと、出航時間もちょうどよかったので渡ってみることにしました。

25分ほどで初島へ到着しました。先の台風でメインの桟橋が損壊したため、第二漁港への到着となり、だいぶ閑散とした印象でした。小さい島とは聞いているけれど目的地の観光スポットまで徒歩しか移動手段がなさそうでちょっと大丈夫かしらと思いました^^;

目的地(初島リゾートアイランド)までのルートは海岸沿いと山沿いと二つあり、海岸沿いのほうが遠回りに見えたので山沿いを行ったのですが、案の定坂道が続きました。
途中、おそらくエクシブ初島という大型リゾートホテルの脇を通り、機会があったら泊まってみたいなーと思いました。
初島には大人向けアスレチックやキャンプ場も充実していて、キャンピングカーが5台位泊まっているキャンプ場とか、興味をそそられました。

しかしベビーカーなのに砂利道と階段に出くわし、夫が娘(寝てしまった!)を抱っこし、私がベビーカーを担いで移動することになりひえぇという感じでしたが(しつこいですが妊婦なので)なんとかお目当ての初島リゾートアイランドのアジアンガーデンにたどり着きほっとしました。。

深い緑の芝生と、アジアンリゾート風のコテージ、ハンモックが設けられ、観光客も少なくて快適でした。
まずはトロピカルジュースで一服し、ランチをしてのんびりしました。

帰り道は海岸沿いを歩きました。アジアンガーデンから海岸沿いの道をいくには、50段位の階段で一気に下りなければならないのですが、幸いにスタッフの方がベビーカーを運んでくれて助かりました。。

メインの桟橋は、噂通り損壊していました。そこからすぐにズラリと並ぶ海鮮丼を扱うお店は営業していました。

熱海に戻って、さらに別の甘味処であんみつを食し、結構いい時間になったので帰りも新幹線を使いました。
普段、車両基地に向かうゆっくりした新幹線しか見たことのない娘は、新幹線が早いということに驚いたようでした。通過待ちしていると「ゴー」とものすごい音で一瞬で通り過ぎていくのも新鮮だったようです。
車窓も楽しんでいる様子でした。

娘は旅行中とても楽しそうで、三人での旅行はこれで最後になる予定なので、いい機会になったかな。


| | TrackBack (0)

那須旅行

2013年7月21日(日)

今年の夏休みは、車で行ける近郊エリアで1泊旅行にしようと思い、たまたまテレビで見たホテルが子連れによさそうだったので那須に行くことにしました。
那須なら牧場も多く、動物にさわれない娘にふれあい体験をさせようと夫も乗ってきました。

朝7時半に自宅を出発し、「那須どうぶつ王国」を目指します。
渋滞もなく、高速のICを降りたら、空気や木々が高原という感じで、涼しく感じました。

どうぶつ王国は初めて行きましたが、マザー牧場に近いつくりで、犬、猫をはじめ、うさぎ、カピバラ、馬などなどに餌付けができて、触れることができました。残念ながら抱っこはダメとのことでした。

那須
ニュージーランドのカウボーイによるショー。賢い牧羊犬が、羊たちを目的地に誘導しています。
王国内の移動には無料バスも走っていて、思ったより長く楽しめました。

肝心の娘の反応はというと…、さわる気は終始見せなかったものの、昼食後には機嫌がよくなったのか、ウサギにエサ(ニンジン)をあげる気になっていた!しかし、お腹いっぱいだったのか、そのウサギは食べようとせず撃沈(+_+) そのあと、串刺しの人参を通して餌付けはしたけれど、触れることはありませんでした~。

そのあとはホテルへ向かいました。
エピナール那須という大型リゾートホテルで、室内プール、ビュッフェ、子供向けアクティビティが充実したホテルなのですが、満室御礼とのことで、ロビーもエレベーターも人がたくさんでした。
なんとかピークの時間をずらしたことで、ビュッフェの食事に大行列ってことはなく済みましたが。
部屋は和室と洋室がくっついた絆ルームというお部屋でとてもキレイで快適でした。

チェックイン後は、プールへいきました。
娘はパパにつきそわれ、水深60cmの子ども用プールでとても楽しそうでした♪

Continue reading "那須旅行"

| | TrackBack (0)

子連れママ旅行 熱海リゾナーレ

遅い更新になりましたが…、9月頭の土日に、ご近所のママさん仲間7組でリゾナーレ熱海に泊まってきました。

去年、同じく小淵沢のリゾナーレに行った時と同じメンバーです。転勤のため残念ながら参加できなかったメンバーもいますが、子供の体調不良で不参加はなく、幸いでした。

前回はみんなまだ歩けなかったのですが、今回はみな体重も増え、チョロチョロ走り回る子供たち。パパなしのママ&子だけの旅行は荷物と移動が懸念材料なのですが、今回は荷物は事前に送り、ベビーカー持参組も、リュックにエルゴ、または素抱っこというママさんも!
いつもながら、みんな助け合いつつなので、とても助かります♪

着いたらまず、熱海駅すぐちかくのKICHI+というオシャレなお店でランチを食べました。
ラッキーなことに7組でも入れて、おいしい鯵の定食を娘と半分こしました。(半分以上食べられたかも…)

私はリゾナーレ熱海は初めてでした!フロントにつくと、そこが10階で、9階まで吹き抜けになっていて、熱海の海が一望でき、全体的に白とブルーを基調としていて、花火の絵などが多く、リゾート気分満載でした。

お部屋も広くて、畳もあって子連れにも優しい♪
部屋でくつろいだ後は、みんなでホテル内のプールへいきました。娘も保育園では水かけられるのが嫌いらしいのが、楽しんでいてよかった。

夕飯は、個室で和食のフルコース。
お昼寝をしなかった子で、椅子に座ったままウトウト…寝てしまう子もいて、かわいかった。。。
元気な子はもう部屋中ウロウロ、個室でああよかった!娘も楽しそうでした。。

ママ達はビールで乾杯♪
デザートタイムには、店員さんが子供たちに絵本を読み聞かせてくれるサービスもあり、いたれりつくせりでした。

夜は、またまたビール片手にトークでした。

翌朝はのんびり朝食を食べ、ボールプールやライブラリーで工作したり遊んだりしました。
子連れママ旅行 熱海リゾナーレ
ボールプールからも熱海の海がきれいに見えました。

男の子と女の子で遊び方が違ってきたり、それぞれの個性があったり、パパ似だったりママ似だったり、7人のチビっ子はみんなとてもかわいかったです。

またみんなで旅行にいけたらいいな、と夢心地で帰京しました。

| | TrackBack (0)

八芳園

白金にある八芳園へ行ってきました。
天気がよく、青空と紅葉のコントラストがきれいでした。

八芳園は結婚式場なので、入れるのか不安になりますが、ちゃんと入口で庭園を散策したい旨を伝えると快く通してくれます。子連れだしまさか、式場を探しているとも思われていないはずw 車ででも入場できちゃいます。

何組もの新郎新婦がいました!和装もドレスも、どの花嫁さんも輝いていました☆

八芳園
都心なのに、池があり、滝があり、癒されます。

八芳園
本館にあったクリスマスツリー。

八芳園
八芳園
本館のレストランでコースランチを食べました♪
メインは撮り忘れましたが、鴨のローストで、パンも美味しかったです。
夫と娘の3人でこんなに贅沢なお店に来たのは、出産後初めてかもしれません。

娘も途中から寝てくれたので、片手でしたが(笑)落ち着いて食べることができました。

| | TrackBack (0)

芝離宮庭園

芝離宮庭園
芝離宮庭園
旅行から帰ると東京は寒く、雨模様だったけれど今日は快晴でした。

ということで、公園へ。

本当は浜離宮に行くつもりが、勘違いして浜松町の芝離宮へ…。浜離宮は新橋でした。浜つながりで間違えたに違いない。

芝離宮は初めてでしたが、浜離宮と比べて、雰囲気は似ているけれどコンパクト!

東京タワーが写ってます♪

| | TrackBack (0)

ママ旅行 小淵沢リゾナーレ

近所のママ友さん親子8組で小淵沢リゾナーレに行ってきました。
奇跡的に風邪などの欠席者も出ず、まるで修学旅行のようにワイワイして楽しかったです!

みんな赤ちゃん連れなので、電車で、抱っこヒモ&荷物はコロコロ(一人だけベビーカーも!)での移動でした。
電車では座席の向きを変えて、通路を挟んで車両の後ろ2列4席×2を指定席で取りました。座席の向きを変えると、とたんに旅行気分が上がります^^
新宿から特急「あずさ」で2時間で小淵沢駅に、送迎バスで5分ほどでホテルに到着しました。
部屋割りは3部屋なので「グーチョキパー」のじゃんけん!
これまた修学旅行みたい!

ママ旅行 小淵沢リゾナーレ
ベビースイートルームというプランだったので、備品がすばらしかった!!
オムツと着替えさえ持っていけば、よほど自宅より揃っています。
おもちゃ、電動ハイチェア、コルクマット、オムツをくるんで捨てるゴミ箱、おしりふきウォーマー、哺乳瓶用ブラシ、ベッドガード、ベビーベッドなど、うちにないものばかりですw
娘はおもちゃの積み木を堪能し、そこらじゅうのびのびとはいずりまわっていました。

食事はバイキング形式で、夜は選択式のメイン料理も付きます。
ベビーチェアが一人一台つくのと、抱っこヒモのおかげで、バイキングも楽しめました。美味しかったし!
離乳食(鮭やカボチャ、ミルクの3種類のお粥から選べました。リンゴのゼリー付き)も出してもらえて大助かりでした。バイキングの温野菜やスープ、パンも少し取り分けてあげることができました。

ママ旅行 小淵沢リゾナーレ
ママ旅行 小淵沢リゾナーレ
施設内はクリスマスのデコレーション、ライトアップがされていて、普段夜に出歩けないので、久々にイルミネーションを堪能できました♪
このライトアップはピーマン通りという施設内にあるショッピング街です。部屋もこの通り沿いでした。

懸念していたお風呂も、0歳児も入れるとのことでみんなで大浴場にいき、着替えなども協力してもらえて、無事に入れました。
脱衣所に赤ちゃんを載せられるソファみたいなのがあって、連れのママさんに娘を押さえてもらえたので落下せずにすみましたw
みんなでワイワイ入浴したのも、修学旅行みたいー。

特に観光したわけではないものの、楽しい時間はどんどん過ぎ、夜は集まってゆっくりトークタイム!楽しかったー。
しつこいですがこれまた修学旅行のよう。

ママ旅行 小淵沢リゾナーレ
ピーマン通りで、家族用みやげのコーヒー豆やお菓子のほか、娘用の食器を買いました♪
プレートで、落としても割れないタイプもそろそろあるといいなあと思っていたので、記念になりそうです。

子どもを産んでから知り合った人と、旅行まで行ける仲になれるとは、想像を超えていました。
みんな普段から、気持ちよく手助けをしてくれて、遊んでくれて、育児のあれこれを教えてもらったり、共有してもらえることも多く、どんなに助けられていることでしょう!
旅行でますます優しさを感じました。

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧